こんにちは!
本日は台風の影響か、気温も低くやっとエアコン生活から開放された気がします笑

さて本日はこんな記事を紹介いたします。
【世界初】1週間充電なしで使える!英企業がiPhone 6で動く燃料電池の開発に成功

燃料電池をiPhone 6に内蔵できるサイズに

今回iPhone 6の内部に収まる燃料電池の試作機を開発したのはイギリスのIntelligent Energy社。

燃料電池は酸素と水素を反応させて発電する仕組みで、発電に必要な水素ガスの補充は使い捨てのカートリッジを端末に差し込めば一瞬で完了してしまいます。

たったのこれだけで、iPhoneのバッテリーが1週間も持つようになるそうですよ。

実はこのIntelligent Energy社、イギリスのApple Storeでモバイルバッテリーのような感覚で使える燃料電池を既に発売しているのですが、5回分の充電のための端末で620gと重いものでした。

それを独自の特許技術とiPhone 6の端末内におさめるように小型化させたのが素晴らしいところ。

見た目は一切変わらず、唯一異なるのは化学反応させた後に発生する微量の水蒸気を逃がす通気口だけだそうです。

そしてこの会社はアップルと実は共同で開発しているのではないかという噂も…。

もちろんアップルは全くコメントしませんが、どうやら幹部クラスで交流があるとか、ないとか。もし、アップルと共同研究しているなら、将来のiPhoneが燃料電池で動く可能性が高まります。

現在Intelligent Energy社は内蔵する燃料電池の開発に続いて、使い捨てのカートリッジを開発中とのこと。

ちなみにiPhone用の試作機はヘッドホンの端子を差し込むソケットから水素ガスを入れていたそうですよ。

多くの人が悩むバッテリーの問題を劇的に改善してくれる燃料電池。ぜひ実用化して、iPhoneに搭載してほしいですね!


これが実現されたら最高なんですが、、、笑
水蒸気がちょっと気になります。

さて修理実績のご紹介です。
iPhone Fix Center小平花小金井店 iPhone5s液晶交換0826
所沢からご来店のお客様です。
なんと一回落としただけでこの状態だそうで。
問題なく修理完了後お返ししました。
喜んでもらえてうれしいです!笑

コメントは受け付けていません。