こんにちは!iphone修理のアイエフシー小平花小金井店です。

今回は「iOS 9」で新機能として追加されたマルチタスク機能「Slide Over(スライド・オーバー)」の使い方をご紹介!

この「Slide Over(スライド・オーバー)」を使えば、現在起動しているアプリの隣に別のアプリを表示させることができますよ!

 

「Slide Over(スライド・オーバー)」とは?

「Slide Over(スライド・オーバー)」とは、「iOS 9」で追加されたマルチタスク機能のひとつで、現在使っているアプリの横に、別のアプリを並べて表示させることができます。

但し、別のアプリを表示させている間は、横にある別のアプリを操作することはできません2つのアプリを別々に操作するには「Split View(スプリット・ビュー)」に対応したiPad(「iPad Pro」「iPad Air 2」「iPad mini 4」)が必要です。

では、早速「Slide Over(スライド・オーバー)」を使ってみましょう。

やり方は簡単です。まずiPadで任意のアプリを起動した状態で、画面の右端から左端にスワイプします(ここでは例として「Safari」を起動しています)。

 

 

Ipad multitasking slide over2

 

すると、こんな感じで「Slide Over(スライド・オーバー)」に対応したアプリの一覧が表示されるので、任意のアプリを選びましょう。

ここでは試しに「時計」アプリを起動してみますね。

 

Ipad multitasking slide over4

 

実際に「時計」アプリを起動すると、「Safari」で開いた画面を見ながら「時計」アプリで世界時計をチェックすることができます。

続けて「時計」アプリを閉じたいときは、最上部から下に向かって指でスワイプします。

 

 

Ipad multitasking slide over3

 

すると「Slide Over(スライド・オーバー)」に対応したアプリの一覧画面に戻るので、違うアプリを選んで起動したりすることができますよ!

Ipad multitasking slide over1

 

iPhone・iPad修理専門店iFC小平花小金井駅前店

〒187−0002
東京都小平市花小金井1−3−26

TEL:042-466-8800

 

 

コメントは受け付けていません。