iPhoneは稀になんですけれど、電源ボタンを押してもホームボタンを押しても、うんともすんとも言わず、あれ?電源が落ちていたのかな?と思って電源ボタンを押し続けても、電源が入らず・・・。
なんてことがあります。

今回は、iPhoneが急に電源が入らなくなった場合の対処法を紹介します。

 バッテリーは十分残っているのに
iPhoneはバッテリーの残りが少なくなると、自動で電源がOFFになります。
こういう場合は、充電用のケーブルを挿してしばし充電したあと、電源ボタンを数秒間押し続ければ、何事もなかったようにiPhoneの電源が入ります。
しかし、稀に起こる電源が入らないトラブルは、充電ケーブルを挿しても何もならないし、そもそもバッテリーはまだ十分にあるのに、電源が落ちて、以後、うんともすんとも言わなくなるなんてこともあるのです

 電源が入らなくなったら
電源が入らなくなったら、まずはリセットを試してみましょう。

電源ボタンとホームボタンを10~15秒ほど同時に押し続ける事で強制リセットができます。
 それでも治らない時は初期化
以上の方法でも治らない場合は、まずはバックアップをとり、iPhoneを初期化してみてください。
iPhoneの初期化とは、工場出荷状態(つまり、買ったばかりの状態)に戻すことを言うのですが、iCloudにバックアップを取るか、パソコンにバックアップを取ってあると、ネットに繋げるかパソコンに繋げるだけで、今現在の状態に復元してくれます。

日ごろからまめにバックアップを取ることをおすすめします!

 

IFC小平花小金井駅前店

〒187-0002
東京都小平市花小金井1-3-26

TEL: 042-466-8800

HP: http://iphone119kodairahanakoganei.biz/

コメントは受け付けていません。