隙間なく作られているiPhoneになぜホコリが侵入してしまうのか、理由は様々です。
考えられる理由を挙げてみましょう。
①ホコリが多い所で使用することが多い、
 やはりホコリが多い所で使うと知らない間に内部に侵入することがあります。
②画面が割れていたり、筐体が変形しているため、その隙間から侵入する、
 画面が割れたまま数ヶ月使用。割れたガラスの隙間から大量のホコリが侵入している。

落下時にバックプレートが変形し、ガラスとバックプレートの間に通常よりも大きな隙間ができているため、そこからごみが侵入してしまいます。
iPhoneの内部にゴミを入れないためには
 1.ケースに入れ、なるべくホコリの侵入を防ぐ
 2.エアダスター等で常にホコリを除去しておく
 3.ホコリが多いところにはなるべく持ち込まない
 4.ポケットはホコリが多いので、入れる前にポケットのホコリを除去しておく
 5.割れたり変形したらそのまま使わず、修理や交換に持っていく
ケースに入れるというものが1番お手軽に試すことができる方法ですね。
ifc小平花小金井駅前店
〒187-0002
東京都小平市花小金井1-3-26
TEL: 042-466-8800
HP: http://iphone119kodairahanakoganei.biz/

コメントは受け付けていません。