スマホは精密機器ですので落とした衝撃などで突然動かなくなってしまう事もあります。

なので、そうなってしまう前に日ごろから大切なデータはバックアップを取っておきましょう。

 

iPhone内のデータをバックアップするにはiCloudとiTunesを使った2つの方法があります。

どちらのバックアップ方法が適切かを判断する際に、この記事をお役立てください。

予備のバックアップを確保しておく必要がある場合は、iCloud で 1 つ、iTunes でもう 1 つバックアップを作成しておくこともできます。

iCloudでのバックアップ

  • バックアップをクラウドに保管する
  • 最大 1 TB 分のストレージを利用できる (最初の 5 GB は無料)
  • バックアップは常に暗号化される
  • どこからでも Wi-Fi を使ってバックアップを作成または使用できる

 

iCloud を使ってバックアップを作成する方法

  1. 1.デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。
  2. 2.iOS 8 以降では、「設定」>「iCloud」>「バックアップ」の順にタップします。
    iOS 7 以前では、「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」の順にタップします。
  3. 3.「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認します。

4.「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップが完成するまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておきます。

  1. 5.「設定」>「iCloud」>「容量」>「ストレージを管理」の順にタップし、デバイスを選択して、バックアップが完了していることを確認します。バックアップが終了していれば、詳細画面に時刻とバックアップサイズが表示されます。

 

iCloud での自動バックアップ

iCloud バックアップを有効にすると、iCloud でデバイスのバックアップが毎日自動的に作成されます。毎日の自動バックアップは、次の条件が満たされている場合に限り実施されます。

 

iTunesでのバックアップ

  • バックアップを Mac または Windows パソコンに保管する
  • 使えるストレージは、Mac または Windows パソコンの空き容量によって決まる
  • バックアップを暗号化できる (デフォルトでは暗号化なし)
  • Mac または Windows パソコンでバックアップを作成および使用できる

 

iTunes を使ったバックアップの作成方法
1.iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します。
2.「ファイル」>「デバイス」>「購入した項目を転送」をクリック、転送が終わるまで、しばらくお待ちください。
Windows をお使いの場合で、「ファイル」メニューが見当たらない場合は、「Ctrl + B」キーを押してください。
3.iOS デバイスまたは Apple Watch 上のヘルスケアデータとアクティビティデータを保存する場合は、

バックアップを暗号化する必要があります。 「[デバイス] のバックアップを暗号化」というチェックボックスを選択し、覚えておけるパスワードを指定してください。
(パスワードは書き留めるか安全な場所に保管してください。このパスワードがないと、iTunes バックアップから復元できなくなります。)
ヘルスケアデータとアクティビティデータが不要な場合は、暗号化せずにバックアップを作成できます。

 そのまま「今すぐバックアップ」をクリックしてください。
4.処理が終わると、バックアップが正常に終了したかどうか、iTunes の「環境設定」>「デバイス」で確認できます。デバイスの名前と共に、iTunes でバックアップが作成された日時が表示されていれば問題ありません。バックアップを暗号化した場合は、デバイスの名前の横に  も表示されます。

 

ifc小平花小金井駅前店

〒187-0002
東京都小平市花小金井1-3-26

TEL: 042-466-8800

HP: http://iphone119kodairahanakoganei.biz/

 

コメントは受け付けていません。