何かと使用する機会が多いのが電源ボタン。

使用機会が多い分だけ、故障の可能性も高くなっていきます。

ボタンの接触が悪いレベルのトラブルならまだ我慢できますが、 一番厄介なのはいくらボタンを押しても一切反応しなくなってしまう事です。 もし電池が切れてしまい、iPhoneを起動しようとしても、 電源ボタンが動かないので起動ができなくなってしまいます。

ボタン部分は乱雑に扱うとすぐに何らかのトラブルが発生してしまいます。 扱いには十分お気をつけください。

一時的な対処法としましてAssistiveTouchという機能を使ってみましょう。

Assistive Touchの設定方法

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「Assistive Touch」と進み、Assistive TouchをONにすればOKです。

Assistive TouchをONにすると、iPhoneの画面上右下に白い◯が表示されます。

これをタップすると、Assistive Touchのメニューが表示されます。

あくまで一時的な対処ですので早めの修理をおすすめします。

 

IFC小平花小金井店では各種iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)の修理を承っております。

 

 

ifc小平花小金井駅前店

〒187-0002
東京都小平市花小金井1-3-26

TEL: 042-466-8800

HP: http://iphone119kodairahanakoganei.biz/

コメントは受け付けていません。