ガラスが割れても、タッチパネルなどはそのまま利用できるケースもあります。電車に乗っていると、ガラスが割れたまま、フィルムを貼ったりして使っている人も見かけますが、早急に修理した方がいいでしょう。強化ガラスはクモの巣状にひび割れて、薄い破片が剥離したり、とがった部分で指先を切ったりしてしまうこともあるので、そのまま使い続けるのはお勧めできません。

iPhone Fix Center小平花小金井店 iPhone6ガラス交換0910

 

まずはガラスを割ってしまったiPhoneの破損状態を把握しましょう。

ガラスが割れただけなのか、完全に本体が壊れてしまっているのかを確認します。まず電源を入れて、普通に使用できればディスプレイ部分のみの交換で修理できる可能性があります。電源が入らなかったり、本体が折れ曲がったりしているような場合は本体交換になる確率が高いでしょう。

もし電源が入るなら、とにかく早くバックアップを取ることをお勧めします。iCloudを使ってバックアップしている人が多いと思いますが、できればMacやPCとケーブルで接続して、iTunesを使ってフルバックアップを取ると、本体交換になったときにリカバリーが容易におこなえます。

バックアップを取る際には、「このコンピュータ」を選び、「iPhoneのバックアップを暗号化」チェックボックスにチェックを入れておきましょう。こうするとパスワードなども含めてかなりの部分のデータがそのままバックアップされ、復元したときに何度もパスワードを入力する手間が省けます。

 

ifc小平花小金井駅前店

〒187-0002
東京都小平市花小金井1-3-26

TEL: 042-466-8800

HP: http://iphone119kodairahanakoganei.biz/

コメントは受け付けていません。