ガラケーに比べて高性能&多機能なスマートフォンは、その性能と機能を活用すればするほどバッテリーを多く消費してしまいます。何が電力を消費しているかを知り、不要な機能はオフにすることが、バッテリーを長持ちさせる一番の近道です。

 

画面の明るさや消灯時間を確認 

大画面のディスプレイを搭載しているスマホは、その分、バッテリーも消費してしまいます。画面の明るさバックライトの消灯時間を調整することでバッテリーの消費を抑え、長持ちさせることができます。

周囲の明るさに応じて画面を見やすい明るさに調整してくれる自動調整も有効ですが、照度センサーを使用する分、電力を消費します。

使わない通信機能をこまめにオフ 

Wi-FiやBluetoothがオンのままだと、使っていないときでも接続先を探してバッテリーを消費します。またGPSも、オンのままだとアプリがバックグラウンドで利用するのでバッテリーを消費します。このような通信の設定を見直して、こまめにオフにするようにしましょう。

また、自宅などWi-Fi接続可能な環境で使用する場合、モバイルネットワークでのデータ通信をオフにする事でも、バッテリーを節約することが可能です。

 

設定を見直してもバッテリーの持ちが悪く、気になるようであればバッテリーの交換をしましょう。

 

iphone5_battery_replacement_program_0IMG_1226

 

ifc小平花小金井駅前店

〒187-0002
東京都小平市花小金井1-3-26

TEL: 042-466-8800

HP: http://iphone119kodairahanakoganei.biz/

コメントは受け付けていません。